1日で銀歯を白くする審美歯科治療|ケイズ歯科・矯正歯科クリニック|北九州市小倉「アクロスプラザ到津」の歯医者

〒803-0845
福岡県北九州市小倉北区上到津3丁目3-3 アクロスプラザ到津2F

093-653-1313

診療時間
09:30 ~ 13:00--
14:00 ~ 19:00---

メイン画像

あなたの理想とする
歯の美しさを、共に追求

法人内に専任の歯科技工士が
常駐/「医院出張サービス」あり

可能な限り「完璧」に
他の歯と色を合わせます

イメージを共有する
「シミュレーション」を
何度も繰り返します

身体の健康/長持ちする
ことも考慮した治療を実施

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

コラム
15000円で銀歯を白くする治療
(1日で終了)をご提供しています!

  • 治療前
  • 治療後

ダイレクトボンディング法(審美CR)とは、歯を削る量を最小限に抑えつつ、1回の来院・低価格白い歯を手に入れることができる治療法です。「低予算で小さな虫歯を綺麗に治療したい」、「欠けてしまった歯を低予算で綺麗に治療したい」「低予算で銀歯を白い詰め物にしたい」というご要望にお応えしています。是非、お問合せください。

詰め物・被せ物製作の匠~歯科技工士の存在

技工士

当法人には専任の歯科技工士が在籍しています。

歯科技工士とは、歯科医師と連携して入れ歯や詰め物・被せ物を作る職人さんです。
通常は歯科医院とは別の場所で仕事をしていますが、いつでも意見の交換、勉強、情報共有ができる環境がやはりベストだと考え、法人内に歯科技工士を雇用し、そして技工の専門ルームを設けました。

法人内に歯科技工ルームを設ける事のメリットは下記になります。

メリット1治療期間の短縮

技工士2

一般的に詰め物・被せ物等は歯科医院と別の場所にある歯科技工所というところで作成します。そのため、治療開始から治療終了までどうしても時間がかかってしまいます。
当院には「法人内」に技工所があり、かつ、当法人の作業だけをするため、これまでのような「時間的ロス」がなくなりました。

メリット2詰め物・被せ物のクオリティ向上

技工士3

専任の歯科技工士が法人内に常駐しているため、「ドクターとの密なやりとり」が可能になっています。
詰め物・被せ物等は、歯科医師の指示に従い、歯科技工士が作成します。そのため、密な連携が非常に大切になります。一般的には場所が離れているので、電話などを通しての連携となり、「密なコミュニケーション」はなかなか難しいものがあります。当院ではいつでも話し合いの場が持てる環境にありますので、自ずと詰め物・被せ物のクオリティ(審美性・耐久性)が向上しています。

メリット3患者様とのコミュニケーション

技工士3

特に「審美性」が重要になる被せ物等を作成する場合、「患者様の意向」が非常に重要になります。「色合い」「形」などですね。これらは何度も調整し患者様のイメージに近づけていきますが、一般的にはドクターが患者様の意向をお聞きし、それを歯科技工に伝え、歯科技工士が作成していきます。これは伝言ゲームと同じで間に人が入れば入るほど「真意」と異なった情報が伝わってしまう事があります。そのため一番の理想は、実際に被せ物等を作成する歯科技工士が自分の目で確認し、患者様の意向を伺う事です。
当院ではそのような環境が整っています。

患者様と、完成形のイメージを何度も共有します!

」の基準は患者様ごとに異なります
そのため、術者側の主観で進めてしまっても患者様に満足していただく美しい歯は完成しません。そのため、当院では各工程で患者様の理想を伺い、実際に目でイメージを共有する工程を踏んでいます。具体的にご紹介します。

上部バナー

特に主観に左右される「美」を創造していく審美セラミック治療では、患者様の希望・理想と異なってしまっては、もはやそれは失敗です。そのため、当院では、前歯の審美的な問題に関しては「治療前のカウンセリング」、「治療開始前のセットアップ模型によるイメージすり合わせ」、「仮歯によるイメージのすり合わせ」「技工士による最終的な色と形態の確認」で患者様の意見を伺い、患者様と術者とのイメージのズレをなくす工程を必ず踏んでいます。

こうすることで、「治療してみたが、なんかイメージと違った」「白すぎる」「他の歯の色と調和していない」などの問題を可能な限り回避することができます。 ここまで時間をかけて、患者様とイメージを共有する工程を踏んでいる医院は全国的にもごく少数だと思います。これを徹底することで、時には負担が大きくなることもありますが、患者様の「理想」を表現する為には、なくてはならない取り組みだと私たちは考えています。

「治療前」のカウンセリング

治療前

治療前に時間をとり、患者様とお話をします。お互いのイメージが合致した所で治療に入ります。模型や、症例をお見せしながら漠然としたイメージをより具体的にしていきます。

「セットアップ模型」によるイメージのすり合わせ

模型

治療開始の初期段階でのイメージのすり合わせの工程となります。患者様の歯型から模型を作り、どのような歯の形態にしていくかのすり合わせを行います。

「仮歯」によるイメージのすり合わせ

仮歯

全てのケースで行うわけではありませんが、特に審美性が要求される前歯の治療の場合、患者様のお口の模型をベースに「ワックス」で完成イメージを作成し、すり合わせを行います。

「技工士」による最終チェック

技工士3

歯の色・形のイメージ共有ができ次第、歯科技工士が被せ物等を作成してきます。歯科医師・歯科技工士が密に連絡を取り合い、患者様の理想に近づけていきます。

「体に優しい素材」を厳選してご提案します

詰め物・被せ物は、「素材」により様々な種類のものに分かれます。
それぞれの素材には特徴があり、当院では歯、そして身体に優しい素材を厳選して患者様にご提案しています。当院で利用している素材をご紹介します。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックのなかでも一番優れた審美性・耐久性を誇ります。また、身体に優しい素材(陶器)であり、保険適用の銀歯のように金属イオンが体内に流出する危険性がありません。そして高い耐久性を併せ持ちますので、食いしばりの強い方にもお勧めです。

オールセラミック

オールセラミック

天然歯のような色合い、そして強度を持ちます。金属を一切使用していないので、体に非常に優しい素材です。ジルコニアセラミックと比べ耐久度は若干落ちます。

上記以外にもゴールドなどの金属を利用することもありますが、利用する金属はすべて身体に優しい素材となりますので安心です。

「長持ちする」治療法の選択

症例1

当院では、すぐに詰め物・被せ物の治療に入ることはいたしません

患者様のお話をお伺いし、診査診断を徹底することは当然ですが、お口の状態が悪い場合(虫歯・歯周病)は、まずその改善から行います。

家を建てる時をイメージしてください。まずは地盤の基礎工事をしてから上物の組み立てに進むと思います。これは歯科治療も同じです。

詰め物・被せ物が入る土台となるお口の状態をしっかりと整備しなければ、すぐに取れてしまったり、場合によっては虫歯や歯周病が進行し再治療になってしますことがあるためです。

右の症例は初期治療をしっかり行わなかったため、もともと存在していた歯周病が悪化し、歯と歯肉の隙間が生じてしまい審美性が損なわれてしまった他院での症例です。

白い詰め物・被せ物を利用した治療は一般的には「審美性を獲得するための治療」というイメージがあります。患者様もこれを第一の目的とされる方が多いため、「すぐに治療して欲しい!」という要望があります。この要望は理解できます。

院長

しかし、患者様に考えていただきたいことがあります。
一時の美しさを獲得したいのか」もしくは「長期的に安定した美しさを獲得したいのか」を。

患者様の「すぐにでも綺麗な歯にしたい!!」というご要望は切に感じています。
しかし、医療に携わる人間として、すぐにダメになってしまう治療はしたくありません。
この点、ご理解いただけたらと思います。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

電話での問い合わせ

093-653-1313

医院の住所

〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津3丁目3-3 アクロスプラザ到津2F

診療時間
09:30 ~ 13:00--
14:00 ~ 19:00---
  • ※土曜日の午後の診療時間は16:00までとなります。
  • ※木曜日の午後は休診です。
  • ※休診日 日曜日、祝祭日、第2・4木曜日

このページの先頭に戻る